その後のクワゴ

昨日、クワゴの様子を見に散歩に行った。

ところが、桑の木が見つからない。

確かこの辺だったと、行きつ戻りつしたのだが、農道の雑草取りの時に、桑の幼木も刈り取られてしまったようだ。

こんな事なら見つけた時に、家に持ち帰り飼育すべきだったと残念に思った。

好きなら何が何でも自分のものにしなければいけないのさ・・・・と何やら韓ドラの恋愛ドラマをのような境地・・・

自然に任せようなんて、遠慮していてはいけない。

またいつ会えるかわからないのに・・・・・

そして今朝、つぼみが見えてきたシモツケに、シモツケマルハバチの幼虫が大量発生しているのを見つけた。

1匹1匹割り箸で取り除くのも面倒だと、バッサバッサと新芽を切り落とした。
(やわらかい新芽とつぼみを主に食べるので)

そして虫ごとゴミ袋にどんどん放りこんだ。

小さな幼虫が、「私とアイツにいかほどの違いがありましょうや?」と・・・・・恨めし気に尋ねているような気がした。

「アイツ(クワゴ)は糸を吐く、きれいで丈夫な糸を・・・・・昔、巻き取ったけど、もう一度、見てみたい・・・もちろん殺しはしない、繭から出た後の糸を少量欲しいだけ・・・・・」一人で言い訳する私・・・・・・

それにしても、桑の木はたくさんあるのにクワゴは滅多にいない。
いるところにはたくさんいるのだろうか?

生きていた時の最後の写真

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック