メダカ騒動

今年は7月から猛暑だったので、夏バテも早くやってきた。

何かに癒やされたいと思いついたのが、メダカである。

以前は外のスイレン鉢で飼育していたのだが、いつの間にか途絶えてしまった。

水槽で眺めていたいと、メダカ5匹・水草、砂付きの至れり尽くせりのセットをネットで購入
ヒメタニシも別に購入

しかし、これが癒やしよりも悩みのタネになるとは・・・・・

数日はいい感じだったのだが・・・・

老眼と近眼の入り混じった目で食いつくように水槽を眺める日々・・・・・

保険見直しのCMがあったが、見直すと皆オスの言葉遊びで面白かったのだが、メダカを見ているうちに、うちのメダカは皆メスではないかという疑問が、ふつふつと湧いてきた。

1匹だけオスらしいのはいたのだが、それはとても小さくひ弱だった。

そして1番最初に死んでしまった。

これは困った。みなメスでは困ると思い悩んでいたのだが、数日おきに1匹づつ死んでしまい・・・・・

残された単に水草とタニシが入った水槽をどうしたものかと又々悩みのタネが増え・・・・

外のスイレン鉢に移し変えようかとも思ったのだが、何しろ夏バテで動くのが面倒

水草用にライトも購入していたのだが、メダカもいないのにライトなんていらないと、太陽がバッチリ当たる出窓に水槽を移した。

メダカがいないとタニシの餌はどうなのか、まだ日が浅く藻も餌になるほど茂っていないし等と悩みは果てしなく増え続けた。

ところが、一筋の光が!!

メダカベビーが1匹また1匹と誕生していた。

どうやら購入した水草に卵が付いていたようだ。

おまけにタニシベビーも誕生!!

タニシって、親と同じ格好で生まれて来るのだ。(卵ではない。)

そして、炭酸同化作用って学校で習ったが、、植物から酸素が生まれてくるのを見たことはなかったのだが、
初めて目撃した。

太陽があたり始めると、水草に水玉が付き、そして小さな水球が数珠つなぎになって、水面に登っていくのだ。

空気中の酸素は見えないが、水中では見えるのだ。

悩みのタネが少しづつ喜びに変わりつつある。(ヒメタニシが増え続けるのではないかとちょっと心配)

クルクマの純白は美しい
画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック