タイコウチの災難

い草の仲間だと思うのだが、ツンツンと尖った先端を持つ茎だけのような植物がある。

数年前、この先端に串刺しになったカナブンを見て、どうしてこのようなことになったのかと不思議に思ったものだが・・・・

百舌の早贄とも思ったが、どう考えても、串刺しにするには木の枝のようなしっかりした止まり木がなければ、不可能である.

その時は、壁に激突したカナブンが腹から落下・・・・・

甲冑のように硬い甲に覆われているが、その隙間に運悪く突き刺さったのだろうと推測した。

それ以来、睡蓮鉢のい草を、時折眺めていたのだが・・・・

今日またまた、運の悪い虫を見つけてしまった。

ミイラ化したタイコウチだと思ったのだが・・・・

い草の茎をゆらゆら揺らしてみると・・・・

なんと生きていた。
茎を逆さまにすると、ぽとりと落ちて、草むらに逃げていった。

(しかしコヤツ、ウチの金魚やメダカを食べて生きているのでは?・・・・逃がしたあとになって気になった・・・)

人間にも、不思議な死に方があると思うのだが、昆虫にも思いも掛けない偶然が重なって・・・・
(???」と思うことがある。

画像


い草植物はトノサマガエルの住んでいる睡蓮鉢で繁殖している・・・・・

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年08月24日 23:01
 タイコウチなんて何十年も見ていません。そちらでは、よく見かけるんでしょうか? 水生昆虫でも飛ぶこともあるんでしょうが、あまり上手くなさそうです。何かの加減で刺さっちゃったんでしょうね。面白いですね。
 金魚やメダカを食べてると思います(^^ゞ。
モモ。
2010年08月25日 13:48
のんびり猫さんは花やら草やら虫やらの名前をよく知っていますね。
わたしはいい年をして物知らずで恥ずかしくなります。
しかし、こんなひ弱そうな草に(虫と比べて)大きな虫がヤラれてしまうなんて、不思議なものですね。
のんびり猫
2010年08月26日 01:23
遊哉さん、
ソクラが若猫だった頃、よく捕まえてきて、いったいどこから捕まえてくるのか不思議でした。
今も密かに生息しているようです。
やっぱり、メダカや金魚狙ってますよね.(笑)
のんびり猫
2010年08月26日 01:29
モモ。さん、
花や虫の名前、ドンドン忘れています。
虫嫌いの私としては、敵をやっつける為には、敵を知ることが大切かと・・・
息子3人も育てると、虫嫌いではやっていけませんし・・・(笑)
今では虫好きかと勘違いされそうです。
2010年08月26日 07:55
おはようございます。
カナブンの串刺しはどうやって出来たのでしょうね。人間業でも難しいと思いますが。写真のタイコウチも凄い格好で挟まったものです。このタイコウチは小さな魚やオタマジャクシなどを食べますから、このままにしておくと被害が出るかも知れませんね。鉢の縁など探すといいでしょう。
トノサマガエルまでは食べないと思いますが。
のんびり猫
2010年08月26日 11:38
あぶさん、
カナブンの串刺しは謎です。
普通に手にとって串刺しにしようと思っても出来ないと思います。
このタイコウチも最初見たとき、どうなっているのかと思いました。
ウチのトノサマだいぶ大きくなってきました。

この記事へのトラックバック