充分生きた・・・・22年間有難う・・・

このブログを始めて、3年8ヶ月経った。

そして、毎年1匹づつ我が家のペットが死んでいった。

夕方、5時50分ソクラが息を引き取った。

しかし、これまで2匹の犬の最期を看取ったというのに、未だに死ぬ日がわからない。

2,3日前から、今か今かと思っていたのだが・・・・・・

11日から水しか飲まなくなった。

14日ごろには水も飲めなくなった。

それでも、今朝方4時ごろ最後の尿をするために・・・・・

電気カーペットを汚したくないのか、はいずりだして、トイレに行くことは出来なかったが板張りにもらしてしまった。

生まれて22年間、一度も粗相をした事がない猫だった。

最後の尊厳・・・・・自分でする・・・・

オムツをしなければいけない老人施設のお年寄りを悲しく思った。

11日頃から、ほとんど熟睡することはなく、いつも目を開けていた。
声をかけると、かすかに首をもたげた。

うつぶせに伏せていて何かをこらえているようだったが・・・・・

悲鳴は一度もあげなかった。

そして今日、はじめて体を横たえて寝ていた・・・・・

やっと寝られたのだ・・・・・・・

しかし、やがて、規則的に吐き出すような息をしばらくして・・・・・
(ああー、もうすぐ死ぬのだ)このとき始めて,今日、死ぬのだとわかった。

後ろ足が時折痙攣して・・・・・

最後の一呼吸をして、旅立っていった。

犬の時のように、苦しみの声も出さず、絶食していた為、糞尿で汚すこともなく・・・・
静かに旅立って行った。

背中を撫でると、骨格の上に毛皮が張り付いているだけの痩せようが、悲しかった。

餓死したのだ。

しかし、私はこの餓死という言葉を魅力的な思いで、聞いたことがある。

夫が肺がんで入院中、後数日の命のとき・・・・・医師が云ったのだ。

何もすることがないから、家に帰ることもできますが・・・

在宅酸素と,点滴さえすれば訪問介護で・・・・・

点滴を嫌がっていた夫だったので、「点滴をしないとどうなりますか?』と聞いたとき・・・・・

医師が言った。

『餓死します」・・・・・

その時、呼吸が出来なくて苦しんで死ぬより、餓死の方が数段良いのではないかと・・・・

現実は、病院で亡くなったのだが・・・・・餓死ではなく・・・・・

猫は犬より、我慢強い・・・・良く耐える・・・・

ソクラは立派に22年間生きた。

そして我が家のペットは1匹もいなくなった。

泣きはらして目が痛い・・・・・・ドライアイになったようだ・・・・・涙が出すぎて、ドライアイ・・・なんだか変・・・・

2日前、開けていた玄関からヨロヨロ外に出て・・・・・・
最後の地球に別れを告げて日光浴をするソクラ・・・・
最後の写真

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年04月17日 21:35
 猫らしい死に方でしょうか。最期を看取れて良かったです。充分に生きて、まさに大往生という感じで、いろんな思い出をつくってくれたんじゃないでしょうか。感謝感謝ですね。
ねこ
2009年04月17日 21:58
ありがとう   猫より
2009年04月17日 22:13
さようなら。
2009年04月18日 00:33
そくらちゃん、とうとう・・・
22年間、よく生きてくれましたねぇ。
ただただ・・・合掌
カナート
2009年04月18日 07:14
悲しいけど、大往生ですね。お疲れさまです。さて生きるバトンを渡されたわけで、がんばりましょう。
2009年04月18日 09:11
生き物を飼うと 必ず この場面が・・・・
悲しくて 悲しくて~    合掌!
2009年04月18日 09:22
ーーー合掌
あらら
2009年04月18日 11:55
猫は、人目にさらされず息を引き取る者だと聞いたことがありますが、看取られてのお別れで、幸せな人生?だったと、思いますよ!。看取られずに 最期を迎える人もいるのですから・・・さようなら
2009年04月18日 12:17
どこからか、一緒に、笑顔でみつめてくれてますよ・・。
今日ここ
2009年04月18日 15:48
ソクラちゃん、本当に見習いたい立派な最後、今日からは天国で元気に暮らしてください。22年間という長い長い命、のんびり猫さんとそくらちゃんの2人3脚で作り上げた命ですね。
のんびり猫さん、しばらくはどんなに寂しく悲しいでしょうか。目にきをつけていっぱい泣いて下さい。ソクラちゃん、おかあさんを見守ってあげててね。
桃小梅
2009年04月18日 19:20
ソクラの
渾身の生が惟惟眩しい

ありがとう
のんびり猫
2009年04月18日 23:46
皆様有難うございました。
いつも、朝起きて居間に行くとニャーと挨拶してくれて、外出先から帰ってきても、必ず、声をかけてくれる猫でした。
今日、自治会の会合から帰ってきたのですが・・・・・お帰りという猫語が聞こえず・・・本当にいなくなったのだと・・・
いつも寝ていた場所に当たり前のようにいた姿がないのが不思議です。
温かいお言葉有難うございました。
2009年04月19日 08:33
最後の写真を見て、胸が一杯になりました…。
ずーとソクラちゃんの様子が気になっていましたが…。
のんびり猫さん、頑張って下さいね。
2009年04月19日 10:34
餓死という響きは、切ないです。
やはり、大往生。
人生ではなく、
猫生を立派に生き抜いたソクラちゃん。

のんびり猫さんに、
たくさんの思い出を残してくれた、ペット達。
のんびり猫さんを、見守ってあげてネ。
2009年04月19日 14:19
ソクラちゃん亡くなったのですね・・
思わず涙が出てきてしまいました…
ご冥福をお祈りします。
ソクラちゃん、天国でワンちゃんたちと元気に駆け回ってね。

2009年04月20日 21:46
大往生ですね。
我が家の猫達は、出かけて、そのまま帰らなくなるので、猫の旅立ちには立ち会ったことがありません。
でも、いなくなった時の状況を見て、帰れない理由は分かりますけど。
ご冥福を心からお祈り致します。奈々と共に。
鯛吉
2009年04月21日 08:52
・・・・・
のんびり猫
2009年04月22日 19:39
ブルーカナリヤさん、DORAさん、きららさん、みる亭さん、鯛吉さん、
どうも有難うございました。
外はまぶしいような春ですね。

この記事へのトラックバック