昨晩、雪が降った。

昨晩、雪が降った。

うっすらと屋根が白くなっていたのだが・・・・・
あまりに惰眠をむさぼっていたので、雪の写真が撮れなかった。

悲しいことに、ゴミグモ3匹消えてしまった。

車庫の2匹と葉裏で越冬していた一番大きいゴミグモの姿が見えない。

一片の雪に飲まれてしまったのだろうか?

ゴミグモの小ささからすれば、ボタン雪の大きさは、雪だるまが降ってきたような打撃を受けるのかもしれない。

これで我が家のゴミグモは1番最初に早々と越冬した1番小さいゴミグモだけになってしまった。

春目前だというのに・・・・・・

いつも不思議に思うのだが、植物にも同じようなことが言える。

やや寒さに弱い植物が、やっと冬を乗りきったかと思って、安心していると、春寸前のところで枯れてしまうのだ。

どうしてここまで頑張ったのに・・・・なぜもうちょっとが我慢できない・・・・

ぎりぎりまで我慢して、力尽きるのか、「暖かくなってきたよ」と安心してしまう為なのか・・・・・・

一度植物に聴いてみたい・・・・・・

答えは『あんたが悪い・・・なぜもっと暖かい部屋に入れて大切にしてくれないから!」

こんな声が聞こえてきそうだが・・・・

今朝のソクラ
こういう姿は飼い主を幸福にさせてくれる・・・(死んでいるのではと思うこともあるが・・・・)

画像


地面に張り付くようにして咲いているタンポポ

画像


スーパーへ行く途中から見た山

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

カナート
2009年02月17日 17:50
植物もいろいろですね。よく寒さに耐えてくれたと感動を覚えるときもありますが、一晩の霜で死んでしまうのもあり、人間が無理をして育てるのは考えものと思うときもあります。
2009年02月17日 21:39
 ソクラが穏やかないい顔してますね。小さな子どもや犬もそうですが、寝顔を見るだけで幸せな気持ちになれます(^^♪。
 ゴミグモたち、どこかに避難してるといいんだけどね。
 一番下の写真の、花が咲いているような木は何でしょうか?。
のんびり猫
2009年02月17日 22:08
カナートさん、
一晩で死んでしまうものありました。うっかり部屋に入れるのを忘れて・・・・カトレヤなどはしっかり暖房設備がないと、生きもせず死にもせず状態になってしまって・・・日本には日本で育つ花でないといけないのかもしれませんね。
のんびり猫
2009年02月17日 22:12
遊哉さん、
本当に役に立ってなくとも、癒しという重要な役目をしてくれています。
ゴミグモ、どこかに隠れていることを祈っているのですが・・・
下の写真、多分梅だと思います。
一段高い畑の側でしたので、しっかり確認できませんでしたが・・・
2009年02月18日 08:11
この時期の雪は、植物には辛いものですね。
折角、頑張って根を張っていても枯れてしまう…。自然の摂理を感じ
ます。
ソクラさん、本当、穏やかな顔をして寝ていますね。
(^^;もチックルとはなに、毎日癒されています。
澄んだ青い空の色が、いいですね~。
2009年02月18日 12:12
ソクラは、ソクラテス?
安心して眠っている姿は、ホッとするわね。
植物も小動物も冬の寒さに耐えて生き抜くんですね。なるほどねえ。
のんびり猫
2009年02月18日 13:26
ブルーカナリアさん、
植物も少しずつ寒さに対する耐寒性が付いてくるものもありますが、それにも限度がありますしね。
動物の寝ている姿・・・つい、触って起こしてしまうこともありますが・・・(笑)
のんびり 猫
2009年02月18日 13:28
秋桜さん、
ソクラは、生まれてこの方、一度も太ったことがありません。
メスですけど痩せたソクラテスのイメージで・・・(笑)
2009年02月18日 17:23
(=^・^=)自然の厳しさが伝わって来るにゃ・・・(´;ェ;`)ウゥ・・・
人間がどんなに恵まれた環境に我が儘に生活をしているのか感謝をしないとですネ。
可愛い画像や身近の動物に触れるたびにアニマルセラピーを実感するにゃ~ん。
のんびり猫
2009年02月19日 20:35
シロネコさん、
本当に動物には癒されますね。
以前、アニマルセラピーのボランティアの人たちを見て、こんなボランティアをしてみたいと思ったのですが・・・人付き合いのよいペットに育てないと無理な様で・・・その当時のウチの犬は人を見れば、泥棒と思う番犬でしたから・・・
(笑)

この記事へのトラックバック