死期がわかる猫

以前、死期がわかる猫のニュースをネットで見たが・・・・

たしか、海外の話だが病院か老人施設か忘れたが死にそうな人のベッドに行ってその猫が寝ると、その人は亡くなるのだそうだ。

家族の面会など、早めに連絡できて、助かっていると言うような話だったような気がする・・・

動物は、他の動物が弱っているのを敏感に察知するようだ。

10年ほど前、飼っていた犬が死にそうだった時、ウチの猫(当時2匹いた。今の猫の姉妹)が、
あろうことか、玄関で横たわっていた犬の背中に平然と乗ってしまったのだ。

元気な時は、そばに行くどころか、逃げ回っていたくせにだ。

あきれてものが言えなかった。
嫌な猫だと・・・・・・・(頭がいい猫でもあったが)

さて昨日のこと、老猫ソクラが玄関で、日向ぼっこをしていた。

そこへ、放し飼い状態のどんぐりがやってきた。

用心深いソクラは逃げるだろうと思って見ていたのだが、気がつかない様子だ。

どんぐりはいよいよ近づき、これ以上そばによると、びっくりしたソクラに引っ掻かれては、泣きっ面にハチだと、ソクラを揺り起こした。

薄目を開けて、どんぐりを見たはずなのに、逃げなかった。

あー、もうどんぐりは、敵ではないのか・・・・精気を認識できないほど、弱っている証拠なのかと、愕然とする・・・・・・

それとも、20歳のソクラは動くのも面倒くさいのかもしれない・・・・・・

今は、この手の餌しか食べなくなった。土佐清水港直送でないと・・・・・・

どんぐりは、犬用缶詰も食べなくなったので、とりもも肉・さつまいも・にんじん・いんげんを煮た物を食べさした。
とても美味しそうに出来たので、人間用にしようかと一瞬思ってしまった。

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年10月16日 21:30
動物には、人間には解らない凄い能力が備わっていると思いますが、ソクラちゃんは、どんぐりちゃんが家族で有る認識が出来ているのでそういう行動だったと思いたいですねぇ。
どんぐりちゃん、食欲が無いのですか。
心配ですね。ウ~~~ン、困った、
2007年10月16日 21:40
 土佐清水港直送って、なまり節ですよね。猫用とはいえ、人間でも美味しく食べられそうですね(^^ゞ。20歳だったら、動くのも面倒くさいんじゃないかという気がしますが、それにしても大したものですね。
 昔聞いた話では、日本犬で死期が近づくと、自分から姿を消した犬もいたとか。犬や猫は、人間には思いもつかない能力を持っているのかもしれませんね。
2007年10月17日 01:10
死期が分かる猫の話、非常に興味深いです。
猫自身も死期を悟ると人がいない場所に移動して死を迎えるようですね。
どんぐりは非常によいものを食べているようですね。犬用の缶詰を食べないなんて、、、。
カナート
2007年10月17日 06:52
子供の時、飼っていた猫が突然居なくなった。おやじは、猫は死ぬ時は誰もいない所に行って死ぬから、死んだのかもしれないと言った。子供ながらにそんな馬鹿な・・、子供の目から隠れるところの少ない田舎で、そんな場所があったらすぐ見つかるはずだと思った。それから二年ほどたった或る日、夕食後の家族団らんの時、ひょっこり猫が現われた。家族は、あれ、あの猫だといった。一回り体格は大きくなり、目つきは鋭くなっていた。その目はおごねると事はなく、怖れる事無く、平然と家族を見て、歩き回っている。その態度は手を出せないようなすごさがあった。よその猫が他人の家にこんな時に入ってくる事はない。田舎では泥棒猫と間違われるからだ。つい私は猫の名前を呼んだ。一瞬だけ目にかすみがかかったような気がしたが、すぐ元の目つきにもどった。そのあと家中を徘徊したあと、すぐ出て行った。おやじがポツリといった。「あの猫は山猫化した、化けて出るのでかまわない方がいい」と。しかしその後、その猫は二度と現われなかった。この話は、何時までも我が家の語り草になった。
のんびり猫
2007年10月17日 23:04
のんさん、
家族の認識はあるようですが、おとなしいクーにはやや平気なのですが、ドタバタかしましいどんぐりは苦手だったはずなのですが・・・・(笑)
のんびり猫
2007年10月17日 23:11
遊哉さん、
人間が食べてもよさそうな匂いがします。
何しろ人肌に湯煎して、食べやすい大きさにしてからやりますので・・・・
そういえば、象の墓場とかいうのもありましたね。
動物は人知れず死にたいようです。
のんびり猫
2007年10月17日 23:17
あぶさん、
猫は、調子が悪いと狭い暗いところに静かに潜んでいるようです。
自然に治るとそこから出るのですが、悪くなるとそのまま・・・
人目に触れることも無く・・・・
どんぐり、最初の日は、がつがつ食べたのですが、もう飽きてしまったのかなー(笑)
のんびり猫
2007年10月17日 23:37
カナートさん
不思議なことがあるものですね。
ウチでは、こんなことがありました。
ソクラそっくりの黒猫がソクラの振りをして、堂々と家に上がりこみ、餌を食べていたのです。一度私が間違ってソクラと名前を呼んだことで、自分がソクラに似ていることに自信を持ったようです。
もうひとつ、ウチで飼っていた犬が死んで次の年のお盆のことです。
家の前に1匹の犬が寝ていたのです。
住宅街ですので放し飼いの犬がいるはずも無く、門のところから離れようとせず、庭を覗き込んでいるのです。もう1匹いた犬もその犬を見ても吠えようとせず、ひょっとして霊がほかの犬の姿を借りて戻ってきたのかと思いました。
しかし、下手に声をかけていつかれても困ると思い、自分のうちに帰りなさいと言って、門を閉めてしまいました。
そのうち、いなくなりましたが、今でも、霊が戻ってきていたとしたら、悪いことをしたなーと思います。
2007年10月18日 00:24
どんぐりちゃん、食欲がありませんか・・・
のんびり猫さんの努力は分かってくれているんでしょうが。。。
手を変え品を変えて好みを探っていくしかありませんね。
なんとか食べてくれるパターンが早く見つかるといいですね。
土佐清水港直送の焼かつお・・・私も食べてみたい!?(笑)
のんびり猫
2007年10月18日 18:38
宮星さん、
肉だったらなんでも食べるようですが・・・・
ニンジン、インゲン残してありました。(笑)
土佐清水港・・・・・小さい割には値段が高いのです。美味しいと思いますよ。
2007年10月19日 10:57
お別れなのか?お助けコールなのか?
我が家に居た外猫達は、交通事故死でない猫は、皆、居なくなる前の日に、やたらと鳴いたり、擦り寄ってきたりと「ご挨拶」に来てくれました。
どんぐりちゃん、お通じはどうですか?
お通じが出ると、食欲も少しは出るかも?
のんびり猫
2007年10月19日 12:13
みる亭さん、
不思議ですね。どこに行くのでしょう。
どんぐり、軟便ですが、ちゃんと出ています。
すこぶる美味しいものは、パクパク食べますが、すぐに飽きてくるようで・・・食べるからと言って、同じものをやり続けるといけないようです。
当たり前かな?(笑)

この記事へのトラックバック